DDF アルバム

DINARY DELTA FORCE/SOUND TRACK TO THE BED TOWNについて(2018/3/26)

投稿日:

こんにちは
前回の記事で若い子のフリースタイルはlick-gに似ていると陳腐な感想を書いてしまいましたが、
lick-gが一つの時代のベンチマークとなっているので当たり前ですよね。(前回はそんな記事でした)

時代によってフリースタイル(ラップ、スタイルもしかり)ある一定の類似性があると思いますが、ロケーションによるラップの特異性もあると思います。
北海道なんかは、キャラクターが凄く強く出てると思います。
BIG JOE、しろくま、MC松島なんかにスタイルの共通性は感じられません。

一方、福岡、京都、岡山なんかの街になると、
地方特有のスタイルが形成されているように個人的には思います。
地方に根付くスーパーヒーローがいて、地方のMCはその地方で正解となったスタイルに寄っていくのは当然の流れかと思います。

大阪という一大フリースタイル文化の変化の影響を(和歌山、兵庫と比較して)受けてこなかった京都はどちらかというと、BONG BROSの街です。(ANARCHYやR-RATEDの文化もあるんでしょうけど)

そんなローカルな文化の中で最も眩しく黒いのが横浜じゃないかと感じます。

そこで下記のアルバムの感想を述べたいと思います。
DINARY DELTA FORCE/SOUND TRACK TO THE BED TOWN
SOUNDTRACK TO THE BED TOWN
DINARY DELTA FORCE
DLIP RECORDS
2010-08-04


タイトルから発狂レベルで黒い。
メンバーはRHYME&B 、祀SP、 calimshot 、DUSTY HUSKY
その中でもとくに有名なのがRHYME&B
元ライムボーヤこと、RHYME&B は村一揆(丸、NONKEY、あるま等)出身。
ちなみにBLAHRMYSHEEF THE THIRDMILES WORDで形成されています。
そして皆さんはMOSS VILLAGE JPN出身です。(神奈川県藤沢市出身のこと)
ええっと、、、何語ですかと笑
拗らせてますけど、これが日本語ラップでございます。
日本語ラップがちゃんと流行らないのはそもそも読めないからです。
そんなことは置いといて、DDF(DINARY DELTA FORCE)は徹底的な現場主義です。
そして、一聴してすぐ分かる「90年代のNYサウンド」のような佇まい。
アナログさ、黒さ(漆黒)「このノイズの入ったバイナルやばいっしょ」とくっそ詰めてみたアルバムに仕上がってます。

このアルバムは絶対、全部通して聴いて(流して)
空間を藤沢ワールドにすべきです。

が、代表曲の好きなバースだけ抜粋します。
「BED TOWN ANTHEM」
月夜に舞う吐いた白い息
今放り出す愛 着いた灯火
次よりまず今 
描いた仕事人
それは枯れた街に咲いた見事に
滑り出した創造性 豊かなガキが見せる
羽ばたきは人より高く飛ぶ事で得るもの全てがこの地へのエール
逝かれてるが最高にいかす 
音によう踊り子グルーヴ
創り出す見てみなこれがワックかどうか
節穴は多い i love my homies 繋いだ街と手とメリージェーン
首ぶら下げても恥のないチェーン 掴み離すな
ここにしかねぇ これは僕ら以外にゃ価値のないチェーン

真冬感があって、ヒップホップが濃縮されています。
くっそかっこいいですし。
初めて聞いたヘッズは泣いたんじゃないでしょうか。
なお、私は悲鳴を上げました。
日本語ラップオタク

-DDF, アルバム

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

Moment Joon/ SIMON(jab)・Simon Saysについて(2019/1/29)

こんにちは 今年は日本語ラップ事件としては、始まりから不調です。 去年はKOHHのクンニからスタートしたにも関わらず、今年は目新しいものなしです。 KEN THE 390の結婚は、実はファンの中では周 …

神門/苦悩と日々とど幸せについて(2018/1/11)

こんにちは 今流行っているSEEDAの「ニートtokyo」というYou Tubeのアカウントがあります。SEEDA好みのラッパーを招集し、1人のラッパーがインタビュアーから受ける質問に答えている様子を …

星野源/ドラえもんについて(2018/3/2)

こんにちは 気が付きゃ、もう3月ですね。 先日はPUNPEEがSPACE SHOWER MUSIC AWARDS 2018でBEST HIP HOP ARTISTを受賞していました。 当たり前すぎて、 …

tajyusaim boyz/リボで買う。について(2019/6/10)

こんにちはこの間、ツイッターを見ていて、激震が走っちゃいました。NHKにtajyusaim boyzに出ていたんです。そう、tajyusaim boyz(多重債務ボーイズ)です。国営放送で、とても放送 …

R指定/セカンドオピニオンについて(2018/1/31)

こんにちは Migosの来日を知り、沸く日本ですが、私は先日Migosが出したアルバムをざっくり聴きました。(言葉分からないし、聴き続けるのは苦労します) 感想としてはかっこいいけど、これが24曲まで …

プロフィール

日本語ラップオタクブログ

365日、日本語ラップを聴き続けてるサラリーマンによる、愛と主観強めな想いがたくさん詰まったブログです。
日本語ラップにまつわるアルバム、ラッパーについて書き連ねています。

art by nezumizaru studio

2020年6月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930