日本語ラップオタクブログ

日本語ラップをみんなで楽しもう!

DDF アルバム

DINARY DELTA FORCE/SOUND TRACK TO THE BED TOWNについて(2018/3/26)

投稿日:

こんにちは
前回の記事で若い子のフリースタイルはlick-gに似ていると陳腐な感想を書いてしまいましたが、
lick-gが一つの時代のベンチマークとなっているので当たり前ですよね。(前回はそんな記事でした)

時代によってフリースタイル(ラップ、スタイルもしかり)ある一定の類似性があると思いますが、ロケーションによるラップの特異性もあると思います。
北海道なんかは、キャラクターが凄く強く出てると思います。
BIG JOE、しろくま、MC松島なんかにスタイルの共通性は感じられません。

一方、福岡、京都、岡山なんかの街になると、
地方特有のスタイルが形成されているように個人的には思います。
地方に根付くスーパーヒーローがいて、地方のMCはその地方で正解となったスタイルに寄っていくのは当然の流れかと思います。

大阪という一大フリースタイル文化の変化の影響を(和歌山、兵庫と比較して)受けてこなかった京都はどちらかというと、BONG BROSの街です。(ANARCHYやR-RATEDの文化もあるんでしょうけど)

そんなローカルな文化の中で最も眩しく黒いのが横浜じゃないかと感じます。

そこで下記のアルバムの感想を述べたいと思います。
DINARY DELTA FORCE/SOUND TRACK TO THE BED TOWN
SOUNDTRACK TO THE BED TOWN
DINARY DELTA FORCE
DLIP RECORDS
2010-08-04


タイトルから発狂レベルで黒い。
メンバーはRHYME&B 、祀SP、 calimshot 、DUSTY HUSKY
その中でもとくに有名なのがRHYME&B
元ライムボーヤこと、RHYME&B は村一揆(丸、NONKEY、あるま等)出身。
ちなみにBLAHRMYSHEEF THE THIRDMILES WORDで形成されています。
そして皆さんはMOSS VILLAGE JPN出身です。(神奈川県藤沢市出身のこと)
ええっと、、、何語ですかと笑
拗らせてますけど、これが日本語ラップでございます。
日本語ラップがちゃんと流行らないのはそもそも読めないからです。
そんなことは置いといて、DDF(DINARY DELTA FORCE)は徹底的な現場主義です。
そして、一聴してすぐ分かる「90年代のNYサウンド」のような佇まい。
アナログさ、黒さ(漆黒)「このノイズの入ったバイナルやばいっしょ」とくっそ詰めてみたアルバムに仕上がってます。

このアルバムは絶対、全部通して聴いて(流して)
空間を藤沢ワールドにすべきです。

が、代表曲の好きなバースだけ抜粋します。
「BED TOWN ANTHEM」
月夜に舞う吐いた白い息
今放り出す愛 着いた灯火
次よりまず今 
描いた仕事人
それは枯れた街に咲いた見事に
滑り出した創造性 豊かなガキが見せる
羽ばたきは人より高く飛ぶ事で得るもの全てがこの地へのエール
逝かれてるが最高にいかす 
音によう踊り子グルーヴ
創り出す見てみなこれがワックかどうか
節穴は多い i love my homies 繋いだ街と手とメリージェーン
首ぶら下げても恥のないチェーン 掴み離すな
ここにしかねぇ これは僕ら以外にゃ価値のないチェーン

真冬感があって、ヒップホップが濃縮されています。
くっそかっこいいですし。
初めて聞いたヘッズは泣いたんじゃないでしょうか。
なお、私は悲鳴を上げました。
日本語ラップオタク

-DDF, アルバム

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

だるまさん/SKILL & CONCEPTについて(2018/1/17)

こんにちは 昨日のニュースで元UBGのUZI the 9mmさんが大麻不法所持が理由で逮捕されたと報道されました。ラッパーなんで何でもいいんですが、番組が終わるのであれば残念ですね。(せっかくなんで、 …

COMA-CHI/RED NAKEDについて(2019/4/11)

こんにちは最近、法律を司る部門に異動したので、慣れない仕事に精を出しておりろくにラップを触れていませんでした(とはいえ、毎日音楽を聴くのは日課)。そんな中、正社員さんの呼びかけに反応した私が、クラブチ …

PSG/DAVIDについて(2019/8/8)

こんにちは最近、本棚を整理し、唯一あった漫画「GTO」と「すんどめ(ほぼエロ漫画)」を処分しました。僕の憧れていた世界にそっと蓋をしました。過去とおさらばし、そこにはビジネス書とCD、ヒップホップ関連 …

昭和レコード

昭和レコード/MAXについて(2018/5/15)

こんにちは先日、初めて凱旋MCバトルに出場しました。結果から言うと惨敗、UMB東京予選以来のトラウマの再来でした。(若さが)怖かったです。みんな上手かったですね。トラックの乗り方がキマってましたし、キ …

くレーベル/【其の五】その後は吾郎の五曲について(2019/4/20)

こんにちは 私たちの世代はMDに保存する文化があって TSUTAYAに行けばMDも売っていた気がします。 いつから、無くなったのかわからないですが ポータブルCDプレイヤーがなくなれば、MDプレイヤー …

プロフィール

日本語ラップオタク

365日、日本語ラップを聴き続けてるサラリーマンによる、愛と主観強めな想いがたくさん詰まったブログです。
日本語ラップにまつわるアルバム、ラッパーについて書き連ねています。

art by nezumizaru studio

2020年8月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31