日本語ラップオタクブログ

日本語ラップをみんなで楽しもう!9/3 SoundcloudとYouTubeに管理人の新曲UPしました!

アルバム 環ROY

環ROY/なぎについて(2018/2/22)

投稿日:

こんにちは

今、劇的なフリースタイルブームで猫も杓子もラップが出来る時代です。
学生だろうが、サラリーマンだろうが本当に誰でもラップが出来ます。
かっこいいか否かは置いといて、特殊な文化が普遍になりつつあります。
楽曲を製作し、世間に広める為に、一番手っ取り早い手段が
フリースタイルで有名になることかもしれません。
ニコニコ動画も一時期ブームでしたが、MCバトルが一番健全なマイクストーリーです。
しかし、文化が開かれた分、かっこいいと思われにくくなっていると思います。
逆にMCバトルに参加しないほうがかっこいいMCとして
成している複雑な状況です。
「ラッパーだったら、フリースタイルくらいはできるだろ?」という文句も
一億人総ラッパー時代では、
「曲を持っておらず、フリースタイルだけのやつをMCとして認めねぇ」の方が今はしっくりきます。

そんなこんなで今回はMCバトル「でも」成したかっこいいラッパーを取り上げたく思います。

環ROY/なぎ
なぎ
環ROY
AWDR/LR2
2017-06-21


環ROYは有名すぎるほどフリースタイルが上手く、

MCバトルが強いとされている第一人者です。

環ROYは「現代のフリースタイル」の場から遠ざけたところで
日本語ラップが出来ているラッパーの一人でしょう。
(まぁ、見る人が見れば「今のフリースタイル」と「昔のフリースタイル」は
グルーヴ感が違うんでしょうし。)

環ROY/少年モンスター』以来、様々なトラックメーカーから引っ張りだこです。
少年モンスター
環ROY
DA.ME.R.ECORDS
2006-11-04


環ROY×トラックメーカーのシリーズのミニアルバムはコンスタント発売され続けました。

『環ROY×Fragment /MAD POP』

MAD POP
環ROY+FRAGMENT
術の穴
2008-05-17


『環ROY×Eccy /more?』


『環ROY×DJ YUI/COPYDOGS』

COPYDOGS
環ROY+DJ YUI
m.p.p.h.
2009-06-24


『環ROY×OLIVE OIL/Weekly Session』


『環ROY×NEWDEAL/the klash』

THE KLAS
H
環ROY × NEW DEAL
THIRD CULTURE
2009-09-02


細かく単語ごとに区切る力強いフローで
自身の世界観をぶつけます。
上記のアルバムから待望の4年越しの単独作品である
環ROY/BREAK BOY

BREAKBOY
環ROY
POPGROUPRecordings
2010-03-17


break boy in the dream feat.七尾旅人はくっそ流行りましたね。

話は戻りまして、上記のアルバム。
アルバムが増すごとに芸術的要素が強まります。(MVからも感じます。)
鎮座DOPENESSと作られる楽曲はチル感が強いですが。

結婚し、お子さんが生まれた背景が影響しているような
緊張感のあるラップ。
チャラチャラした装飾品を排除したスマートな曲ばかりです。
日本語ラップのカテゴリー分けが明確に出来ないアルバムになっています。

「offer」「on&on」「ゆめのあと」が私のお気に入りです。


結婚したり、お子さんが生まれて
ラップの雰囲気が変わるラッパーは多いと思います。
KOHEI JAPAN、般若、ZORN。。。。。

その中でも、影響は受けつつも等身大の価値観でラップが作られる
環ROYのこのアルバムは他のラッパーにない聴き心地でした。
余談ですが、MCバトルでの名前いじり。
環ROY」で踏む場合はマストで「玉拾い」です。

日本語ラップオタク

-アルバム, 環ROY

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

般若/ドクタートーキョーについて(2018/11/16)

こんにちは先日、BAD HOPが武道館でのライブを成功させたらしい。かのレジェンドと言われたRHYMESTER, ZEEBRAがぜーぜーはーはー言いながら成し遂げた偉業を20台の若いラップグループがい …

だるまさん/SKILL & CONCEPTについて(2018/1/17)

こんにちは 昨日のニュースで元UBGのUZI the 9mmさんが大麻不法所持が理由で逮捕されたと報道されました。ラッパーなんで何でもいいんですが、番組が終わるのであれば残念ですね。(せっかくなんで、 …

田我流/作品集について(2019/1/19)

こんにちはやっと新年一発目のアルバムレビューの記事になるのですが、筆が中々進みません。理由は仕事ですかね。今が泥沼中の泥沼です。そんな泥沼(スランプ)を抜け、日本語ラップを代表するラッパーになった方を …

OKI from GEEK/ABOUTについて(2019/2/24)

こんにちはANARCHYが高い価格帯のアルバムを発売することで話題をかっさらいました。ZORNとAKLOは、アルバムを出さず、You Tubeを使ってシーンを盛り上げライブを繰り広げ、プロップスを獲得 …

今週聴いた曲⑨(2020/9/28)

まずは、GEEK復活祭でした。 「GEEK/LIFESIZEⅢ」 ぼくたち(28歳)の時代の青春です。 内容は、10年前に作ったのかな???っていう印象でしたが、回顧するにはちょうどいいアルバムです。 …

プロフィール

日本語ラップオタク

365日、日本語ラップを聴き続けてるサラリーマンによる、愛と主観強めな想いがたくさん詰まったブログです。
日本語ラップにまつわるアルバム、ラッパーについて書き連ねています。

art by nezumizaru studio

2020年10月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031