日本語ラップオタクブログ

日本語ラップをみんなで楽しもう!9/3 SoundcloudとYouTubeに管理人の新曲UPしました!

GOKU GREEN アルバム

GOKU GREEN/HOTEL MALIFORNIAについて(2018/2/19)

投稿日:

こんにちは

バタバタしていた為、筆を休めていましたが
日本語ラップにて、恐ろしいニュースが舞い込んできましたね。

Febbの死去」です。
原因であったり背景に関しては兎角詮索したくはありませんが
日本語ラップにおいてはさみしい出来事です。
Febb/The Season』は故DEV LARGEからも指摘していたように、
「10年に1枚」の作品と評価されています。
あの若さで、です。

オタク IN THE HOODでも拝見できましたが、
Febbはトラック・楽曲作成に旺盛でした。
恐らく、世に出ていない作品も多いと思います。
死して尚、日本語ラップに貢献するラッパーであることは容易に予想できます。
これからもFebbは勿論、KID FRESINOJJJに期待しましょう。

話はアルバムの感想に戻ります。
GOKU GREEN/HOTEL MALIFORNIA
HOTEL MALIFORNIA
GOKU GREEN
BLACK SWAN
2015-11-11


アルバムのタイトルは「ホテル・カリフォルニア」を彷彿とされるネーミングですね。
私が若手の中で一番に推すラッパーです。
多くの若手が台頭し、Lick-gだのBAD HOPぼくのりりっくのぼうよみだのありますが
GOKU GREENがぶっちぎりでスモーキーでHIP HOP、ラップが上手すぎます。
その上でオリジナリティが光ります。

14歳にして本格的な楽曲作成、16歳にて傑作の『GOKU GREEN/HIGH SCHOOL』。

HIGH SCHOOL
GOKU GREEN
BLACK SWAN, INC.
2012-07-04


リリックは16歳とは思えない内容に仕上がっており、フローも既に完成されていました。
アフロにサングラス、、、印象的でした。笑
当初SALUっぽいだの世間から批判がありました。
一方、AKLOからは応援のコメントを残しています。
そんなGOKU GREENは独自路線を突っ切ります。
「スモーキー」です。

今までスモーキーと言えば、MSC、NIPPS、D.O、DOGMAなど
セットで不良感が付いてきましたが
GOKU GREENが提示した「スモーキー」は
ヒッピー的なスモーキー感でした。

このアルバムでは「座ったままラップしてるのかな」と思う程

しっとり吐き捨てれるフロー。
「仲間とパーティ・女の子」といったテーマの中で本当の「チル」を表現しています。

このアルバムはぜひ、1枚通して聞き流してほしいです。
何といっても、めちゃくちゃ気持ち良いです。
聴き心地最高です。
何気なしに聴きながら吸っていたタバコすら、非合法なものかと錯覚するような
雰囲気をCDで堪能できます。

本作品は前作より、トラックもくそ充実しています。
I-DEA、FlammableやSaibeatz、LORD 8ERZ、Lil’諭吉、LIL’OGIなど
1人の若手を大勢の豪華トラックメーカーが盛り上げます。

前述したとおり、歌詞を聞き込むタイプのラッパーではありませんし
書き起こしするのは野暮です。
ただ、退廃的な生活(=ホテル・カリフォルニア)に誘う
リリック(とテーマ)には脱帽です。
高校卒業したてのラッパーにある知識ではありません。
どんな生活を送れば、、、と思いますね。
これからが、とても楽しみなイケてるラッパーです。

なお、このアルバムでは、
『ヤング・ストーナー』
『Face It 』
『Bitch Don’t Lick feat. NIPPS 』
が私のお気に入りの曲です。

(何故か公式のPVが一つしかありません。
もっとプロデュースして欲しかった。)

ただ、一個気がかりなのが
GOKU GREEN、現在は GOODMOODGOKUに 改名しています。
改名後に新作は出ているようですが、ラッパー活動は不明瞭です。
なんならBLACK SWANを脱退した噂もあります。(詳細不明)
ラップを辞めるのは個人の自由ですが、アルバムが出る限り
ヘッズとして私は応援し続けたいと思います。
日本語ラップオタク

-GOKU GREEN, アルバム

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

小林勝行-神戸薔薇尻

小林勝行/神戸薔薇尻について(2018/1/26)

こんにちは先日はKID FRESINOが同い年で凹んでいましたが、もっと凹む事実を知りました。Tyler the createrとも同い年でした。1991年生まれで26歳です。 こればかりは、世界基準 …

YAMANE/ アオソラについて(2019/2/25)

こんにちは 嫁も日本語ラップを聞いています。 疲れた仕事が終わった時の逃げ道(安らぎ)は、私の場合「趣味」になります。 趣味とは、剣道だったり、自転車、日本語ラップ、お笑い番組、読書、、、などになりま …

随喜と真田2.0

随喜と真田2.0/ FESTA E MERDA DI TOROについて(2018/10/24)

こんにちは最近、現物のCDを聴けないのが何とも悔しく、ライブもいけないので日本語ラップに触れられるタイミングが少ないのが切ない半面でItunesで過去のCD、最新曲を聴くことが増えました。やっぱりスト …

creepy nuts/たりないふたりについて(2018/5/1)

こんにちは Creepy nutsのオールナイトニッポンばかりコメントしていましたが、今日もこのラジオについて冒頭書きたいと思います。 このラジオの一番面白いコーナーはR-指定による日本語ラップの解説 …

KOHH/DIRTについて(2019/4/25)

こんにちは小さく、暗いニュースが多い昨今。(電気グルーヴだのAAAだの)明るいニュースといえば、ANARCHYが13,000円のアルバムをリリースしたことです。The KING [CD]ANARCHY …

プロフィール

日本語ラップオタク

365日、日本語ラップを聴き続けてるサラリーマンによる、愛と主観強めな想いがたくさん詰まったブログです。
日本語ラップにまつわるアルバム、ラッパーについて書き連ねています。

art by nezumizaru studio

2020年9月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930