日本語ラップオタクブログ

日本語ラップをみんなで楽しもう!9/3 SoundcloudとYouTubeに管理人の新曲UPしました!

ANARCHY アルバム

ANARCHY/Diggin’ Anarchyについて(2018/2/13)

投稿日:2018年2月13日 更新日:

こんにちは
MC松島の新曲がJinmenusagiの歌詞に酷似しているとして、
先日Jinmenusagiが不快感を露にしていました。
『やれ』という曲で「高いハードルはくぐれ わからない奴はググれ」とラップしたJinmenusagi
一方MC松島は  「高いハードルはくぐれ ハードルわからない奴はググれ」と似ているとも取れるラップをしています。
指摘されたMC松島は悪びれることもなく、似ていることを認識していたとコメントしています。
しかし即謝罪しています。
ただアルバムは出す旨でTwitterしております。
MC松島は揚げ足取りスタイルの正論派ラッパーにも関わらず、
この一連の流れはダサすぎる真骨頂に達しています。
この対応に、Jimenusagiは(Twitter上で)激昂し、連絡を無視しているようです。
二人のビーフ、楽しみにしております。

 

今回、感想を述べたアルバムは『ANARCHY/Diggin’ Anarchy』です。
Diggin’ Anarchy
Anarchy
R-RATED RECORDS
2011-08-03

 

今は「アナーキーも変わった」「昔の方がやばかった」
とか糞みたいな意見もあるラッパーあります。

しかし、このアルバムだけは本当に熱いアルバムです。

ANARCHYとは、TOKONA-XRYUZOに「ANARCHYの面倒みてやってくれ」
と言わせたラッパーです。
業界からフルパワーでプッシュを受けるラッパーなんです。
その分、本域で本物のラッパーです。
このアルバムまで、ANARCHYは強烈な生い立ちと地元を歌うことが主でした。
その内容に加え、瞬発力に長けるフローと声質だけが武器でした。
しかし、今作品は世界観が完全に飛躍しています。
(まずMUROの完全プロデュースで箔がついてますけど。)

 

「Magic Hour feat. PUSHIM 」

 

まさかのロマンティック。

”入れ墨”を”入れすぎ”な男にも関わらず、恥ずかしげもなく愛を歌います。
ゲットーさだまさし関白宣言です。
 
 

「Side B」

裏側の自分を歌っています。要は二面性。

 

「6 Feet Deep feat MACCHO」
感情が緊迫しています。
意味も「殺す」という意味で直接的な鋭利です。
6 feet deepはスラングで、墓を掘るという意味です。
MACCHOから入る狂気な雰囲気はこれもまた別格です。
「K.I.N.G.」

 

若手とは思えない強気な曲です。
ばっちり、日本の大将を張れるラッパーです。
少年院で見るテレビにZEEBRA
消えかけたろうそくに火をつけた
教官にばれないように書くリリック
自分の胸に響く
 
ある日TOKONAが死んだ
俺も友達もそのダチも泣いた
誇り高きライマー
意志は受け継いだ
京都の向島団地で生まれたラッパーのサードアルバムは日本が誇ることができる内容となっています。
 
日本語ラップオタク

-ANARCHY, アルバム

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

泉まくら-愛ならばしっている

泉まくら/愛ならば知っているについて(2018/2/8)

こんにちは 昨日はTwitterを話題に上げましたが、ラッパーにtwitter持たせるのは良くないと思う派です。 感覚としてはK DUB SHINEを第三者会議室で見た時の感覚です。 「もっとハードコ …

DJ CHARI/GAME について(2019/5/28)

高野 虎 近年日本のヒップホップシーンで問題になっているのはプロデューサーを巡る話だろう。これを書いている時のホットな話題としてはDJ PAT⇨504氏によるMURO氏へのツイートだった。終結したビー …

LowPass/Mirrorzについて(2018/1/29)

こんにちは 日本語ラップにとって1月はとても忙しい月でした。 KOHH、UZI、般若、NORIKIYO、、日本語ラップヘッズは追わなくてはならない情報がたくさんありました。 さらに1月末にはECDの死 …

ozrosaurus-rhyme&blues

OZROSAURUS/Rhyme & Bluesについて(2018/9/8)

こんにちはKEN THE 390はプロローグ以前の作品がかっこよくてそれ以降がパッとしません。(これは皆の了解だと思うんですけど)でもパッとしない理由をはっきり述べれる人っていないと思うんです。これを …

AMIDA/EVISBEATS(2018/1/14)

こんにちは 昨日、久しぶりにサイファーをしました。寒すぎて、身体に悪かったですが、やっぱりめちゃくちゃ楽しかったです。 高校一年生の時に、HIDADDY対FORK、ZONE THE DARKNESS対 …

プロフィール

日本語ラップオタク

365日、日本語ラップを聴き続けてるサラリーマンによる、愛と主観強めな想いがたくさん詰まったブログです。
日本語ラップにまつわるアルバム、ラッパーについて書き連ねています。

art by nezumizaru studio

2020年10月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031