S.L.A.C.K アルバム

5.L.A.C.K/WEEKENDについて(2018/1/25)

投稿日:

こんにちは

NORIKIYOが「NORIKIYO / Nihongo Rap No Joke Show」をアップしました。
しかもYou Tube、MP3、WAVのファイルで公開されましたね。
この曲を聴いてると、日本語ラップ(NORIKIYOが言うジャパニーズヒップホップ)も過渡期ですね。

走んねぇ馬じゃ小屋で黙ってろ Rhymeを打ち込むあばらに
俺が見てぇのはブームじゃねぇ そんなモン見るよりHuluじゃねぇ?
モンスターとか挑戦者 それ除いて見てみ? Coolじゃねぇ
言ってやるよ「だっせー」って そんじゃ何がかっけー?
流行りってモンの漢字はこうだ 流れ行く で、去って行く

ダンジョン、ZEEBRAUZIのことを言及しています。
要は日本語ラップの一連の流れが「ださい」と評価しています。
それもそうかもしれません。

まぁ、何も言えない相撲業界よりも、音楽で主義主張できる点では
お相撲さんよりラッパーの方が余裕がありますね。
(クソみたいな比較しか出来ない位、今回の一連の流れは確かに周りも含めてクソです)

今回は下記の感想を述べたいです。

「5.L.A.C.K/WEEKEND」

WEEKEND
5LACK
高田音楽制作事務所
2013-09-18


ここにきて、シングルを取り上げたく思います。
ヒップホップ独特の言葉遊びで、S.L.A.C.K5.L.A.C.Kと表記したりします。
「ゆるい」という意味に「娯楽」という意味を付け加えています。
最近ではDOCOMOのCMソングに取り上げられたり
RADWINPSのなんちゃらの客演をしたりと活躍の場を広げています。
そういえば、ポカリスエットのCMでSHING02のラップを聴いた時も興奮しました。

話は脱線しますが、実兄のPUNPEEは2015年、加山雄三の曲をサンプリングした「お嫁においで2015」を作ります。

「2015年に加山雄三?なぜに?」と世間は疑問を抱いたはずです。
恐らく昨今、加山雄三を定期的に取り上げているのは「有吉弘行 Sunday Night Dreamer」というラジオくらいですから。
万が一に、PUNPEEがそのラジオのリスナー(ゲスナー)であれば謎は解けますが。笑
本当のところは、私も毎年行く「りんご音楽祭 後夜祭」にて絡まれた
カレー屋のまーくんがPUNPEEと加山雄三を繋いだと言われています。

話は戻りまして、実弟の「5.L.A.C.K/WEEKEND」は、業界にインパクトを与えました。

5.L.A.C.Kの初シングル、実質2曲で1,000円、割高に感じます。
しかしシングルであっても、CDを買いたいと皆を思わせました。
1,000円でも損した気分にならない曲です。
しかも16flip (a.k.a ISSUGI)のトラック(inst)のみでも聴けるクオリティです。
軽快かつ夏の終わりに持ってこいな曲です。

人生 正解など無いと思っていいぜ
ひでぇ目にあったりするそれも まぁいいぜ
Weeken’ Weeken’ Weeken’ Weeken’ Weeken’
We can We can We can We can We can
I love my ah..

俺のPrivate見りゃわかんだろう
お前の想像通り いや少し違うぜ
yeah I’m a man やることやって金をもらうのさ
Nice skill Nice cars Nice ass bitchesと
ライス食って酒飲んで恒例の火遊び
アイツはWannabe
ハマっちゃったわ罠に
16見破るFake shit

You Tubeでも探せばあるでしょうけど
勿体ないので、ぜひCDで買って頂きたく。

日本語ラップオタク

-S.L.A.C.K, アルバム

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

OKI from GEEK/ABOUTについて(2019/2/24)

こんにちはANARCHYが高い価格帯のアルバムを発売することで話題をかっさらいました。ZORNとAKLOは、アルバムを出さず、You Tubeを使ってシーンを盛り上げライブを繰り広げ、プロップスを獲得 …

no image

JUBEE/Mass Infectionについて(2020/1/31)

高野虎 本題に入る前にこちらの楽曲を聞いてもらいたい この三曲は2001年〜2002年にリリースされた楽曲であり、ジャンル的にはミクスチャーロックと称されている。 Dragon Ashや宇多田ヒカルの …

Creepy Nuts/クリープ・ショーについて(2018/11/3)

こんにちは前回のブログでも触れましたが、RIP SLYMEの公式ブログが閉鎖される予定です。面白いのはPESは知らなかったことですね。(ほかメンバーも知らないんでしょうが)そんな中、沈黙していたSUが …

般若/HANNYAについて(2019/12/23)

こんにちは2か月ほどラグがありましたが、、、、記事を書きたいと思います。僕の私生活においての優先順位は、どうしても1.仕事 2.ジム 3.勉強 4.日本語ラップ 5.剣道 6.どうでもいい本、ゲームと …

KEN THE 390/プロローグについて(2020/3/10)

こんにちは ウイルスのせいでモヤモヤしますね。 何が不安って実際にウイルスに感染した具体的な被害者、家族、当事者らや症状が不明ですね。 肺炎になるのは、よく分るんですけど、感染したら実際に肺炎に行きつ …

プロフィール

日本語ラップオタクブログ

365日、日本語ラップを聴き続けてるサラリーマンによる、愛と主観強めな想いがたくさん詰まったブログです。
日本語ラップにまつわるアルバム、ラッパーについて書き連ねています。

art by nezumizaru studio

2020年7月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031