日本語ラップオタクブログ

日本語ラップをみんなで楽しもう!9/3 SoundcloudとYouTubeに管理人の新曲UPしました!

SEEDA アルバム

SEEDA/HEAVENについて(2018/1/13)

投稿日:

こんにちは
仕事で頭いっぱいだった為、昨日KOKがあることを知りませんでした。
KOKを一瞬見ましたが、やっぱりグダグダ。当初のUMB感があり、最高ですね。
私が人生で初めて生で見たバトルはUMB2008年の難波ハッチでした。優勝は般若準優勝はY.A.Sでした。
あの時の大阪はHIDADDYが優勝すると信じて疑いませんでした。むしろ今まで優勝出来ず、BESFORKに一回戦で負けたのは、確実にアウェイ(関東開催)のせいだと思っていました。
そう考えると、あのR指定が2年連続一回戦負けしたのも、関西人は苦し紛れに納得していました。
それでも3回優勝したR指定の不屈の精神は半端じゃありませんね。
ところで、今回紹介したいアルバムは
SEEDA/HEAVEN
HEAVEN
SEEDA
ケイエスアール
2008-01-30


SEEDAは『街風』というメジャー初アルバムで盛大に転けます。しかし、私はこのメジャー初アルバムの『TECHNIC feat KREVA』という曲でSEEDAを知りました。『街風』は曲単位では凄いカッコ良かったですが、多分『花と雨』という傑作以上の出来を当時のみんなは期待していたのでしょう。
『ADLENALIN』という曲で、ZEEBRA、ニトロ、KREVAという名指しのリリックが出てきて、それを聴いていたKREVASEEDA本人に『ディスってんの?』と連絡したのが、前述の曲の成り立ちです。
いや、最高過ぎますね。
SEEDAの凄いところは、アルバム毎に全てフローが違います。チャレンジング過ぎます。
『GREEN』まではスキル重視の高速フロー。
『花と雨』はリリックを聴かせる、フロー。
『街風』は、なんだかねっとり。
『HEAVEN』は『花と雨』を完全に越える滑舌、リリックを聴かせるフローと確立していきます。
SEEDAのスキルに加え、頼もしいトラックメーカーがいます。B.L、I-DEA等のトラックメーカーを完璧までに活かせるのは当時NORIKIYOSEEDABESくらいしかいませんでした。
では、このアルバムの中から数曲取り上げます。
『homeboy dopeboy』
一般人の私には、リリックの凄さが全て理解しきれません。しかし、ここまで進化した高速フローは当時聴いたことがありませんでした。
リリックのかっこよさも異常です。
電車は無理だよ、鼻水出るもん

覚せい剤ばりにはハマるコカイン
まじで嗜む程度ならオッケー
やれば、嫌いな奴はいない
でもハマれば、不安でオヤジ臭い
やれば、嫌いな奴はいない
だって、俺もお前も人間だろ?
私がこの曲の中で一番好きなリリックです。
ラッパーはスモーキー性に傾倒しがちですが、SEEDAはそこに人間らしさ(自分らしさ)にスキルを添えます。
『自由の詩 feat A-THUG』
待ち焦がれたチャンスが過ぎていって
後何年先か次は分からない
ただ分かる事があるとすれば
ことを見つめ直す、自分次第さ
メジャーデビューが不発に終わったSEEDAが速攻次回作でみんなの不満を消し去りました。
クソかっこいいです。
SEEDAの良さは質の高いパンチラインです。ここ最近の日本語ラップはフローばかりで、上がるパンチラインが少ないですね。ここまでリリックを大切にするラッパーは貴重ですね。
そして客演のA-THUGです。
何度も言いますが私は一般人なので、凄すぎて何一つ理解出来ていません。

痛みを取り除くためにスモーク
冷めないうちに飲んどけスープ
冷めないうちにやっとけラップ
でも俺だったら死ぬまでフレッシュ
冷めないうちに飲んどけスープとは…………いや、私が頭悪いだけです。
何か反則技、場外乱闘なんでもありのプロレスラー的なかっこよさがあるラッパーですね。
この他にも、やばい曲ばかりです。

最後のボーナストラックはエミネムに向けた、アンサーソングになっているのも注目です。
しかも、このボーナストラックはSEEDAが一般募集したものになります。
当時高校生だった私はSEEDAのブログを読みながら、英単語帳を持って通学していました。
SEEDAのアルバムは勿論、SEEDAの客演のCDは見つけ次第、お小遣いを貯めて買っていました。
SEEDAは本当に日本語ラップの時代を築いた天才だと思います。

日本語ラップオタク

-SEEDA, アルバム

執筆者:


  1. きりー より:

    KREVAがSEEDA本人に『ディスってんの?』と連絡したのが、前述の曲の成り立ち!
    まじっすかw
    テリヤキとはビーフになりましたが、そんな逸話が笑

  2. 日本語ラップオタク より:

    きりーさん
    確か、、そうなんですよ。
    SEEDAのブログを通じて、「コンクリートグリーン買ってます。あれってDISですか?」ってKREVAがメールしたのか、友人通じて入手した電話番号にKREVAがSEEDAに直接連絡したのか、、、、、どっちかでした。
    TERIYAKI BEEFはめちゃくちゃよかったですよね。日本語ラップにとって。

  3. きりー より:

    まじすかw ウケますねその話w
    こないだ漢さんぽにBES出てくる回を観たら、リップのRYO-Zが出てきて、テリヤキビーフについて語ってました。

  4. 日本語ラップオタク より:

    きりーさん
    そうなんですね。今度見てみます!
    そういえば、このビーフではRYO-Zは蚊帳の外でかわいそうでしたね。。。

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

神門/三日月について(2020/2/23)

こんにちは2月14日に神門のトークライブ+ワンマンライブを観てきました。場所はTokyo culture cultureなので、食事、飲み物、席もあって庶民的なビルボードな環境でした。音はそこまで良く …

RAU DEF / unisexについて(2018/1/9)

こんにちは。 昨日は何故かKOHHのセクシー動画が話題に挙がっていました。 ラッパーの在り方も時代とともに思いっきり変わりつつあると感じています。 洗濯物を干す以外にも自分のヒップホップを提示できるわ …

今週聴いた曲⑩(2020/10/6)

なぜか、そんなに新しい曲をそこまで出会えなかった。 「RAU DEF/HUCTUME」 まじで、コンテンツ不足でした。かっこいいけど、中身スカスカ。もうちょっと聞きたかった、残念です。 「SUSHI …

RIRI/Summertime EPについて(2019/6/7)

高野 虎 組み合わせというのは非常に重要である。単品でも素晴らしいものに別のものを掛け合わせることによって更に素晴らしいものに昇華する。ただ失敗すれば大事故が起きてしまうリスクもあるが。 H …

ozrosaurus-rhyme&blues

OZROSAURUS/Rhyme & Bluesについて(2018/9/8)

こんにちはKEN THE 390はプロローグ以前の作品がかっこよくてそれ以降がパッとしません。(これは皆の了解だと思うんですけど)でもパッとしない理由をはっきり述べれる人っていないと思うんです。これを …

プロフィール

日本語ラップオタク

365日、日本語ラップを聴き続けてるサラリーマンによる、愛と主観強めな想いがたくさん詰まったブログです。
日本語ラップにまつわるアルバム、ラッパーについて書き連ねています。

art by nezumizaru studio

2020年11月
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30