日本語ラップオタクブログ

日本語ラップをみんなで楽しもう!9/3 SoundcloudとYouTubeに管理人の新曲UPしました!

ZONE THE DARKNESS(ZORN) アルバム

ZONE THE DARKNESS/ロンリー論理について (2018/1/10)

投稿日:

こんにちは。
KOHHのセクシー動画騒ぎがあって思うのですが、こんな珍事はもっと以前から起こるべきなんですよね。
ラッパーと言えば「酒、女、金、ドラック」なわけですから、本当のラッパーであればビッチくらいたくさん抱くわけなんすよね。 日本の偽ギャングスタより、KOHHは本当にビッチの鞄が重いのを知ってそうですね。


さて、本日もアルバムを通してラッパーについて書きたいと思います。
おススメしたいCDは「ZONE THE DARKNESS/ロンリー論理」です。
ロンリー論理
ZONE THE DARKNESS
F.I.V.E RECORDS
2011-07-06


ZONE THE DARKNESSは10代の頃から、フリースタイルのMCバトル(UMBなど)でボコボコに韻を踏みまくり、有名なラッパーをなぎ倒していくのが印象的でした。
かつ音源では聴いたやつ全員が引くくらいのリリシスト(世界観)で、上質な韻の量でした。

フリースタイルも上手く、スモーキーな曲を歌ったと思えば、ポエトリーの曲も歌える。ラッパーとしては理想的ですよね。
今はZORNとして、第2のラッパーとしての形を昇華させていますが、先ずはZONE THE DARKNESSに触れたいと思います。
処女作の「心象スケッチ」から伺えるのが、ポエトリー性なんですね。

特に「THE N.E.X.T」の「
 Tokyo 25世紀」はSHING02の「緑黄色人種」を聞いているかと錯覚するレベルです。

緑黄色人種
SHING02
Mary Joy Recordings
2003-08-22



また「THE N.E.X.T」の「奮エテ眠レ」はTHA BLUE HERBに似た鬼気迫る熱意を感じます。

特にこの二曲は傑作に感じます。

しかしこれらの曲は、ただ影響を受けたわけではなく、ZONE THE DARKNESSのフィルターを通した完全なるオリジナルなスタイルです。

メッセージ性を殺さず、むしろ韻で深みを出すレベルにまでいきついてます。
あるラッパーはリリックを書いていると、「この(踏まれる)言葉はこの(踏む)言葉でライムされるためにあるのではないか」と思う瞬間があるそうです。
ZONE THE DARKNESSの曲まさにそのクオリティです。リリックが考え込まれています。
「THE N.E.X.T」よりも凄い出来なのが、前述の「ロンリー論理」です。
「Sweet Flavor」「Neo street」はいつも通りのかっこいZONE THE DARKNESSののラップが聴けます。
しかし、このアルバムの聴きどころはポエトリーとなっております。
それが「雨、花、絵描き」です。
1曲にして3部構成となっており、この曲は「売れない絵描き=売れないラッパー」として表現されております。
売れない絵描きが自分の絵を評価する彼女と出会います。
彼女との出会いを機に、生活をするために「売れる為の絵=ポップラッパー」を描き、お金を稼ぎます。そして、自分を見失った絵描き(=ラッパー)は、、、、、勿論オチまでは書けません。笑
3つの意味の「こんな絵は見たことがない」というフレーズもあり、韻も小節の随所に効いてきます。
何度聴いても、聴きごたえがある1曲です。

リリシストとして知られるラッパーの中でも、この曲をもって最も評価すべき人物だと感じました。

獄中生活の中で、どのようにして感受性を磨いたか不明ですが、恐ろしい鬼才・天才です。

かつイケメンで、自称もされていますが「女たらし」のようです。
日本三大モテるラッパーは①PUNPEEZORNKOHH
でしょうね。
みんないろんな意味でセクシーです。笑
日本語ラップオタク

-ZONE THE DARKNESS(ZORN), アルバム

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

kidfresino-conquer

KID FRESINO/Conq.u.erについて(2018/1/20)

こんにちは同い年で活躍してる人、特に仕事などで一線で働いてる方をテレビで見ると嫉妬が止まらなくなります。スポーツで活躍する人を見ると、なんとか言い訳を探して落ち着かせられるのですが……仕事は私も勿論本 …

ozrosaurus-rhyme&blues

OZROSAURUS/Rhyme & Bluesについて(2018/9/8)

こんにちはKEN THE 390はプロローグ以前の作品がかっこよくてそれ以降がパッとしません。(これは皆の了解だと思うんですけど)でもパッとしない理由をはっきり述べれる人っていないと思うんです。これを …

R指定/セカンドオピニオンについて(2018/1/31)

こんにちは Migosの来日を知り、沸く日本ですが、私は先日Migosが出したアルバムをざっくり聴きました。(言葉分からないし、聴き続けるのは苦労します) 感想としてはかっこいいけど、これが24曲まで …

COMA-CHI/RED NAKEDについて(2019/4/11)

こんにちは最近、法律を司る部門に異動したので、慣れない仕事に精を出しておりろくにラップを触れていませんでした(とはいえ、毎日音楽を聴くのは日課)。そんな中、正社員さんの呼びかけに反応した私が、クラブチ …

no image

MOMENT/SH! B@L NOMについて(2018/2/2)

こんにちは私はKID FRESINOとtyler the creatorと同い年で絶望していました。そこで私と同い年のラッパーを調べてみました。1990年生まれ    KOHH t …

プロフィール

日本語ラップオタク

365日、日本語ラップを聴き続けてるサラリーマンによる、愛と主観強めな想いがたくさん詰まったブログです。
日本語ラップにまつわるアルバム、ラッパーについて書き連ねています。

art by nezumizaru studio

2020年9月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930