日本語ラップ近代史⑥「SEEDA/TERIYAKI BEEF」について(2022/3/19)

2022年に、TERIYAKI BOYZを中心に日本語ラップに対する愛を語っている人は、おそらく、1億2,000万人中、二桁いないだろうと思い書いてただけで、意図せず、奇跡が起こりました。

P先輩(ファレル)みが強いし、めちゃくちゃいい。

NIGO大好きマンですし、TERIYAKI BOYZ大好き星人な僕にとっては、喜ばしいことです。
新曲だけを、サブスクにリリースするわけないと信じてます。
過去作もサブスクに出せるよう、NIGOは、Yeと交渉して欲しいですし、もし、サブスクに出せたら、日本の外交は、官僚じゃなくて、NIGOに任せた方がいいと思います。

さて、前回(「TERIYAKI BOYZ/SERIOUS JAPANESE」)の続きなんですが、「SERIOUS JAPANESE」のリリースは、日本史でいう「本能寺の変」くらいな重要な史実と言いました。
別に、明智光秀くらい、身内じゃないんですが、広義な意味での”身内”に、TERIYA-KINGたちは、謀反されます。
本当に、これを機に、日本語ラップでBEEFは増え、ちょっとした乱が盛んな室町時代に戻ります。笑
そして、SEEDAのDISが必ずしも、相手を傷つけるだけを目的とした不合理なものではないことを説明したいです。

俺ら別世界まるで雲 の上の王座見下ろす下界

Teriya-King feat Kanye West & Big Sean、 WISEバースより


日本語ラップが日本国内外向け仕様になったハイブリッド作品に対して、BEEFを起こしたのがSEEDAです。

2009年にリリースした「SERIOUS JAPANESE」に、一見当たり屋みたいな理由で、BEEFを展開します。
理由は2つ。1つ目は、「SEEDA/花と雨(2006年)」の「栽培マン(Sai Bai Man)」と酷似するリリックがある。

おっ!と 服に猿が付いてる!

「TERIYAKI BOYZ/SERIOUS JAPANESE」

「おっと、服に枝がついている」

「SEEDA/栽培マン」
こっちじゃなくて
栽培している男の人ね

2つ目は、アウトロで、コソコソ言ってるけど、おれたち(SEEDA&OKI)のこと言ってんじゃないの??

***え? 何だよ、小岩?
****
***さー ニューヨークからやって来て やっぱ***********、ヤベーっていわされた
**********
スゲーなって、勢いあんなと思って。***やっぱさ、勢いないとさ***
分かる? すげー、スーパーとかで買い物して、ピザとか頼んで、速攻チンして******
やっぱり勢い重要じゃね? どう? この後 勢いで。ヘヘヘ
スゲー、その顔。チョーシリアス

「TERIYAKI BOYZ/SERIOUS JAPANESE」

「SERIOUS JAPANESE」

それシリアス 見事オリジナル
特に専門分野なら意地になる コツコツ
こまやかな作業やらせたらジニアス
ワビサビ効かせてイキになる
まずモノマネから入り巧みにアレンジ
プロジェクトXバリにかかんにチャレンジ
災いは転じて福となすスティーロ
いつの間に自分の物にできる
それジニアス

それシリアス!尻軽じゃないぜ
気になる音の探究者 ライク・ア・クリミナル
良いとこ盗み自分のもん
サブカル言われようが(気にしないよ)
進歩する発展途上国 SONY TOYOTA SUZUKIにHONDA
極東島国 海渡るボーダー How do you do? コニチハー
(日本人細かいとこすごいね!)
We’re taking over the world, you can’t avoid it
(あの~すみません どこにあるトイレ?)
We’re state of the art son, you can’t afford it!
…って聞いてない奴を尻目 ちなみに場所はその角右ね
要チェック Like 高木完
Asian rap stars Made in Japan

それ シリアス!(I’m Serious!)
チョーシリアス!(I’m Serious!)
それ シリアス!(I’m Serious!)
チョーシリアス! チョーリリカル!
おっ!と 服に猿が付いてる!

それシリアス 深くお辞儀であいさつ
仕事で会うならおはようございます
どうも今日もクリーンで的確
時折マニアックくれば癖になる
常になにか摂取 消化して吐き出す和洋折衷
I wanna sets you 本気でFree
陽いずる国から始まってくシーン
それシリアス

アムラ― ヨーグルトはチチヤス
ビネガーミツカン 固定概念打ち砕く
プリクラとる業界のフィクサー チクタク
タイム・イズ・マネー NASDAQ
気にせずサクサク仕事こなすハスラー
気になってるクセにコソコソ言ってるヤツら
君らみたいなのを「ヘイター」と呼びます
へへ だってオレ超シリアス

ケータイ ミニマム 心はワールドスタンダード
マキシマム 胃に穴あくまでやる事はない
あくなきアプローチ あふれるアイディア ひりだす
あの娘とフィジカル 気分はミヒマル
上々浮かれて左右にThrow your handsして
返事はゴメンって即答
フラれて受けるトークの基本
それシリアス

この当時の意見は、大きく2つ。
1つは、「何かよくわからないけど、D.LとK DUB SHINEのときのビーフくらいワクワクする。TERIYAKI BOYZの豪華なアンサーソングを聴きたい。」
2つ目は、「SEEDA か何かわからん無名なラッパーが、わたしたちのRIP SLYMEの課外活動(TERIYAKI BOYZ)に突っかからないで!」
つまり、後者の意見は、あんまり日本語ラップに造詣が深くない人たちなんですが、日本語ラップ好きの大半は、前者の意見で、とにかく面白いゲームが見たいですし、下克上好きな性より、SEEDAを幾分か贔屓目に見てた気もします。


ただ、いくらクラシックといえども、2006年で、あまり目立たなかった曲の「栽培マン」を引用するかね。と、少し強引じゃない??というのも本音ではあった意見だと思います。

stressのかけ具合で肥えるlike thug
ホルモンバランス乱れたホモはポイ
クローンもボンみたく3世まで
どのmotherも最後咲かせてやれ
マス目沿ってそびえる森ビル
根っこ痛んで腐ったら花散る
バッズのクローンで頭がアフロ ボン
またたく また咲くぞ
hustle modeはハサミのプロ チチン
横枝葉っぱ切るぞ
この木何の木 気になる木(木になるshit!)
みたことのある木ですな
ゴミもオイルかバブルハシシでpuff! … Lye
学がなきゃ無理さ urban farmer
なー人工太陽の下 日サロみてーに胸焦がしな

あいつ栽培マン?
ちょーリリカル? 「おっと、服に枝がついている」
あいつ栽培マン?
ちょーリリカル? 「サティバのサティアン示す宝のありか」

TOKYO地下水脈は絶え間なく循環1サイクル3month
Born the buzz smoke like a Dutch taste good How much そこそこ値つく
何Oz heavy weed 国産のフェミニン鼻効かすエナミーヘイターのジェラシー勘ぐ
ってbrig da shit
コンビニのお菓子こいつは女神かビッチ名前はメアリー
ヘンリー王子もfavorite英国王室御用達のアロマテラピー
マンスリーBURSTの何月号? ムツゴロウと愉快な仲間たち
brand-new flavor 生み出す非合法なファーマーオレンジのヘアーがチャーミング
誘惑するラ.マン ジャックと豆の木天辺はフルーツかフラワー
もうちょいの我慢Hey wait brother

どんぶらこ ロックと根っこ 多摩川ポチャン
本音なトーク とんずらこく 不法東京 多摩川ポチャン どんぶらこ
虫がつくほどいい女に 虫をつかせないのが 栽培マン
東京某マンションの一室 芳醇な芳香 栽培マン
ハーベストまであとわずかです

断言すると、確実に、これは(”盗作”に近い)サンプリングです(まぁ、ラジオで、VERBALが「花と雨」聴いていて、半分自白してたような記憶)。
理由は、VERBALの日本語ラップに対する真摯な愛です。VERBALの積極的な日本語ラップからの引用は、前回と前々回からの記事で説明してきました。

TERIYAKI BOYZの日本語ラップ、HIP HOPを維持したのは、確実にVERBALでした。
服に猿がついているのか、枝がついているのかは、些事です。

HOOK全体を取り上げると

それ シリアス!(I’m Serious!)
チョーシリアス!(I’m Serious!)
それ シリアス!(I’m Serious!)
チョーシリアス! チョーリリカル!
おっ!と 服に猿が付いてる!

「TERIYAKI BOYZ/SERIOUS JAPANESE」

あいつ栽培マン?
ちょーリリカル? 「おっと、服に枝がついている」
あいつ栽培マン?
ちょーリリカル? 「サティバのサティアン示す宝のありか」

「SEEDA/栽培マン」

”超リリカル”まで重複しているのは、故意なサンプリングです。
日本語ラップでいうサンプリングというのは、聴いて、皆がすぐにラッパーと曲名を思い出す代表曲から借用するのが通例で、そこにリスペクトがあって、成立するものですが、
当時、そこまでハイライトされていなかった「栽培マン」から引用するのは、SEEDAにとってメリットがありません(今や、TERIYAKI BEEFのおかげで、SEEDAの代表曲ですけど)。

また、SEEDAは、自身の歌詞を、大御所のラッパーに(前述に沿って言えばサンプリングではなく)丸々盗作されたと言っており、ここらへんの境目には非常に厳しかったことも容易に想像できます。
(大御所に盗作されたという話のソースとなる記事を探しても見つからず、、記憶だけなんですが、「SEEDA/時鳥」のリリックでしたっけ、、、)


後ほど、アウトロのコソコソ話は、コソコソすることがお洒落で、ノイズなしのものも公開されましたが、決してSEEDAのことを言ってるわけではなく、誤解を解いています。

「えぇ? どっから来たの? え? 何だよ、え、小岩? チョーシリアス。俺さぁちょうどさぁ先週さぁニューヨークから帰ってきて、やっぱ向こうもチョーシリアスで、ヤベーつって、何かみんなエイプ履いてるし、スゲーなつって。勢いあんなと思って」
「そうなんだ」
「やっぱさぁ、ちょっと勢いないとまずいじゃん。例えばさ、すげえ、スーパーとかで買い物してて、ピザとか頼んで、ちょっとこれチンしてよとかいっても、やっぱ勢いで通じるもんね。やっぱ勢い重要だよね」
「***」
「どう? この後、勢いで」
「ふはは、スゲーその顔、チョーシリアス」

SERIOUS JAPANESEという表題曲にも関わらず、内容は、VERBALを除いて、なんとなくスカしてて、別にSERIOUS(真剣)でもないんですよね。笑 なんか、m-floとRIP SLYME(メジャーシーン)の延長にある曲の内容です。

気になってるクセにコソコソ言ってるヤツら
君らみたいなのを「ヘイター」と呼びます
へへ だってオレ超シリアス

ここらへんは、確実に煽ってますよね。
VERBALの日本語ラップへの愛と、少し踏み込んでしまったがためのボースティング(カマし)のせいで、怪我をしちゃいました。

「TERIYAKI BEEF」

TERIYAKI BOYZのSERIOUS JAPANESE
貝殻で海をはかる ばからしい

トーシロ以上ラッパー未満が雁首揃えてレペゼン ジパング
一人はビッチで後はカス you are serious? へそが茶を沸かす
二番煎じはニガの機嫌取り assholeガバガバ $をばらまく
見ない渋谷じゃ猿のマーク 同じ猿でも井上三太さ
多摩川 ポチャン あなたは坊ちゃん インタースクール 友達の輪
やな予感 ただの棚ぼた 聴けるのは only カニエバース
おっと服に猿がついてる おっとスキルにちゃちがついてる
もっと飛べるヤツが吸いてーなら「Sai Bai Men」かけとけDJ
誰がリリカル 着とけMIKI HOUSE イチロー マリナーズ なれない尻軽
ロック ニチヤス 俺等根張る TOKYO地下水脈
かっこいいなぁファッションリーダー ださい俺には理解できない
hyde outには置いちゃない すぐに穴空く自慢のstreet gear

TERIYAKI BEEF easy easy
TERIYAKI BEEF eating eating
TERIYAKI BEEF 不味いから捨てちゃう (へへ もったいなくねぇ?)
TERIYAKI BEEF (え? お前何着てんの?) 目がチカチカする

あれ? APE着てる 何かの罰ゲーム? マジ勘弁 まるで歩くまぬけ
キー君にdisられ GEEKもdis cheepな服でも素材はタフ
シリアス語れど心に響かず アップロード バスタ without TERIYAKI
よくもまぁ made in Japan 支離滅裂 矛盾するバース

英語がお得意様なバーバル 日本語 言語障害 あたま(が)パーマン
そのメガネもピックする言葉もださい わびサビ 歌詞には見当たらない
おっと服に猿がついてる? 栽培マン好きじゃクサでもやってる?
ポップなセレブが3面飾っちゃう? APEは一発で終わっちゃう?
般若にdissられ SEEDA dissちゃう? 自分の都合で相手を変えちゃう
クリスチャン気取りのおっさんら 右の頬だせば左もだせるか?
何がシリアスジャパニーズ NASにジガにビギーはシリアスアメリカン?
何がシリアスジャパニーズ 育ちが良すぎて何も知らない坊ちゃん
テレビではねてるチキン5羽 照り焼きボーイズがボンボンボンボン
限定5羽のぼんぼ コンボ 一人で食べちゃう?
うん 本当 (え、マジ)
金にモノを言わせたアルバム お前等に俺等の何が分かる?
お門違い 欠けた貝が5枚 頭数揃えて器が無い

パーマンが1号で 金を出すのが2号
何がサンプル? サンプルがどうとか言ってたけどよ
俺は俺のダチのBESとサンプルするぜ

WISEはトラックと水と油 イルマリはトラックと水と油
名前もしらねえよ 水と油 日本語と英語が水と油
はは 頑張れよ でも俺に触れたら落ちる言葉の囲い
ほら 聴いてた君等はシリアス 触れてはいけない俺等がリリカル
2号の仕事って何だ? 何だ? 2号の仕事って何だ? 何だ?
パトロン? (パトロン) DJ? (いやパトロン)
服屋は服屋 音楽じゃないじゃん
曲中のクソなアディショナルボーカル 日本人なめてる そこシリアス
三十路過ぎのおっさん 説教くせえ アウトロでコソコソ聴こえねえ?
タイマンがなんだ 暴力推奨して ラップならやります 5人まとめて
ラップで勝てなきゃ、金か? 力か? おさえつけるのは暴力、コネか!?

ハハ 皮肉った曲お前等が出さなきゃ、俺は別に好きでも嫌いでもなかった
俺等 スキルがリアル お前らヘイター

YO! TERIYAKI BOYZの中にTERIYAKIおっさんが混じってる You know mean? HAHAHA
YO! 俺がTERIYAKI BOYZと思うのはWISE YO 奴は若いから頑張れよ You know mean?
APEを脱いでこっちに来いよ HAHAHA

この歌詞は、まさに義務教育レベルで、「国境の長いトンネルを抜けると雪国であった。」「我輩は〜」と同じレベルです。今の若い子は、理解し難いかもしれませんが、5分に渡るこの曲のリリックを全て暗唱できます。(なお、30代の日本語ラップヘッズは、「LAMP EYE/証言」と「BUDDHA BRAND/人間発電所」も歌詞なしで歌えるはずです)

そんな名曲中の名曲。年に一度は、聴いておきたい。

2008年に、「HEAVEN」をリリースしていたとは思えないほどの、かなり王道ど真ん中の日本語ラップで、えぐりました。
TERIYAKI BOYZの豪華なトラックとは裏腹にややチープなトラックに、力強く日本語でラップをします。
まずは、このギャップを好感を呼びました。若い男の子の心を掴んで離しませんでした。
「やっぱり、DJ Premier, Yeからトラックもらっても、ラップをうまくならなきゃ」と、ある種、脊髄に教訓を埋め込んだと言ってもいいほどの衝撃でした。

また、SEEDA の遊び心が目立ちます。この点が、傷つけるだけを目的としてないことの根拠です。
全体的に、「てりやきバーガー」を並べたり、最後に食べたり。。SEEDAの格好も、TERIYAKI BOYZを模しているのか、ややださい。

そもそも、これはTERIYAKI BOYZに対する敵対な中傷だけでもなく、”ゲーム”であることを大きくハイライトしています。つまり、キングギドラの「公開処刑」とは次元が違いますし、趣旨も大きく異なります。とにかく、ラップゲームなんです。

リリックもウィットに富んでいます。この曲の冒頭から、高校生の僕は、まず電子辞書を引きます。

貝殻で海をはかる」

自分の狭い見識だけをもとにして、大きな問題を議論することのたとえ

おおお、すげぇぇええ、SEEDA節炸裂してる。と興奮して、この言葉だけは一生忘れないと思いました。

パーマンが1号で 金を出すのが2号(NIGO)

英語がお得意様なバーバル 日本語 言語障害 あたま(が)パーマン

これも秀逸。見た目と言葉遊びで、傷つかないレベルの比喩表現で、笑わせることが根底にあります。

クリスチャン気取りのおっさんら 右の頬だせば左もだせるか?

これも元牧師のVERBALを指しますが、当時、高校生のぼくは、すぐに電子辞書で意味を調べてました。笑

面白い表現や関連付けをするところには、日本語での圧倒的表現力の差を見せつけたかったんだと思います。
これが”リリカル”なんだ。と。(海外も一緒でしょうが)

ただ、暴力的な表現や、耳を突くような言葉だけじゃなくて、笑えて、面白い言葉・表現の中で、どちらが上か下か分からせようとするSEEDAなりの愛がこもってます。
SEEDA(・BES)のリリックはストレートじゃない分、分かりにくさで済ませない、婉曲の中で面白さがありました。

また、この曲は、非常に構図がわかりやすかったです。

あれ? APE着てる 何かの罰ゲーム? マジ勘弁 まるで歩くまぬけ
キー君にdisられ GEEKもdis cheepな服でも素材はタフ

ポップなセレブが3面飾っちゃう? APEは一発で終わっちゃう?
般若にdissられ SEEDA dissちゃう? 自分の都合で相手を変えちゃう

俺は俺のダチのBESとサンプルするぜ

WISEはトラックと水と油 イルマリはトラックと水と油
名前もしらねえよ 水と油 日本語と英語が水と油

後半に、SD JUNKSTAの宣伝も忘れずぶちこみます。キーくん(NORIKIYO)・般若・BESも仲間として、完全に、アンダーグランドシーン対メジャーシーンの構図を構築していきます。これは、聴いてる側が助かります。シンプルにどっちを応援したいかだけになります、答えは明白ですが。

メジャーシーンという的が大きすぎる分、わかりやすい日本語ラップの代表格を、完全に足並みを揃わせて、SEEDAのみならず、全員で売名しました。

beatzとrhymeが水と油 やっつけ本番ガッツのみで
take one 楽しいしがらみ友達の輪



さて、この後のラジオの経緯などは、省略するとしても、VERBALの踏み込み過ぎたサンプリングと日本語ラップ愛が、SEEDAの勢いと今の地位までの、助力になったことは確かです。
このBEEFはSEEDAにとってのみ大成功、大きな利益を掴みました。SEEDAは、大きな文脈を得ることに成功します。

なお、もう一度、繰り返すと、
SEEDAは、TERIYAKI BOYZをめちゃくちゃ嫌いだから、BEEFをしたわけではありません。
ただ、どの時代も、言葉の読解力に足らない人間の行動・発言は、つきまとうわけです。

皮肉った曲お前等が出さなきゃ、俺は別に好きでも嫌いでもなかった
俺等 スキルがリアル お前らヘイター

YO! TERIYAKI BOYZの中にTERIYAKIおっさんが混じってる You know mean? HAHAHA
YO! 俺がTERIYAKI BOYZと思うのはWISE YO 奴は若いから頑張れよ You know mean?
APEを脱いでこっちに来いよ HAHAHA


SEEDAの前半戦に幕を降ろすまで、あと少しです。
TERIYAKI BOYZの活動も評価も、TERIYAKI BEEFの一件で、幕を閉じました(みじかい)。いいアルバムが2枚も出たのに、「TOKYO DRIFT」のフリースタイルがあったにもかからず、2022年の今、誰からも「TERIYAKI BOYZ」の評価がないのは、寂しかったですが、、、、、2022年に復活なんて、何があるかわかりませんね!最高!!

SEEDAは、この一件を経て、「街風」で若干凪にした評価を向上させ、2009年「SEEDA/SEEDA」です。
そして引退です。

大きな文脈を身につけたSEEDAは、セルフタイトル「SEEDA/SEEDA」を大リリースします。
「GET THAT JOB DONE」と「DEAR JAPAN」で、TERIYAKI BEEFとGUINESSとのビーフを回収します。

巷で言われる売名行為
そいつは、ハスリン
He needs money

「GET THAT JOB DONE」=きっちり仕事をこなす、成し遂げる。

クラブのビーフは、ラップより喧嘩
ラジオのビーフは、ラップより大人
ピュアな空気は消えた夢は泡

「DEAR JAPAN」もともとnon titleという曲でした。

あのDISブチギレ男ことKREVAさんも、SEEDA”LOVE”を継続しているということは、
TERIYAKI BEEFは、”ラップゲーム”として成立していた証明だと思います。

「GREEN」から「花と雨」「街風」「HEAVEN」 「SEEDA」までのラップスタイルの変遷とリリーススピード、内容、日本語ラップの主人公になるまで文脈は、見事過ぎました。



なお、SEEDAが名前を挙げていたBESは「Rebuild」、NORIKIYO「OUTLET BLUES」という名作を同時期に残しています。


般若も奇しくも「HANNYA」という少し経路の違うセルフタイトルのアルバムを2009年に出しています笑

また、2007年から2010年の間の日本語ラップの裏テーマは、フリースタイルです。TERIYAKI BEEFの決着も、ラジオの対談ではなく、SEEDA対VERBALのフリースタイルでしたし、フリースタイルができるラッパーこそ、真のラッパーだ。的な トピックもありました。そういえば、SEEDA, NORIKIYO, BES, 般若のみんな、BBPまたはUMBのMCバトル出場経験者ですね。(今の世論と違い過ぎて、いかに世論が当てにならないか、、)

「SEEDA/SEEDA」のイントロは、フリースタイルでのRECらしいです。
荘厳な「これぞBACH LOGICのトラック」でした。(丸々NORIKIYOのREASONだけど)
introにラップあるのは、上がりますね〜。


挑戦者、スキルを信じる表現者。和の国に咲く棘の花。



日本語ラップオラクブログ






Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください