今週聴いた曲⑦(2020/9/5)

2020年で一番いいアルバムでたかもです。

「LEX/LiFE」

まだ17歳。ど天才。
昨今のトレンドを正確に踏襲をした王道のニュースターです。
PUNPEEがあと10年生まれるのが、遅ければ、LEXがライバルだったかもしれません。

虎君に教えてもらいましたが、全曲3分以下。
客演が豪華なので、普通なら、4分、5分の尺で豪華に歌いたいものです。
音楽に対するストイックさを感じるものの、汗臭さを感じません。
世界基準に沿ったアルバムのボリュームとコンテンツと幅。

おめでとうございます。





「hamma/101」

Type beatsにこれ以上ないくらいキャッチーなフックを盛りつけ
Typeではない、ユニークな曲ができあがってます。
タイトルとコンセプトが工夫されていて、夏に合う良曲です。





「Taiga/U tell many more feat hamma」

Taigaの器用なラップ。hammaのキャッチーなフック。
鼻につきますが、単純に聞いていて
スキルがあるので楽しい曲です。

こんなYou Tube的な企画があったり

https://www.youtube.com/watch?v=RcQZCGDU-6A

良くわかりませんが、再生されてるから支持層があるんだと思います!!




「Awich/Partition」

Yen Townは、世間が求めている曲を正確に汲み取って
しっかりとアウトプットできるグループです。
chaki Zulu先生にある内なるポップさがにじみ出てます。





「SUSHI BOYS/SUSHIBOYSの騒音集 VOL.1」

LEXさえなければ、このアルバムを中心に今週書くつもりです。
SUSHI BOYSは、エビデンスが脱退後どうなるかと杞憂しましたが、
「死んだら骨」と同様、Farmhouseの底力を感じました。

このアルバムの音の強さ・ラップの上手さ・ユーモアなコンセプト、SUSHI BOYSの良さが一番出ていました。
ジャケット・タイトルのダサさは置いといて、
このアルバム、聴いた方がいいですよ!!






「S-kaine/4hours SiX Back」

雰囲気で聴くアルバムです。
よくわかりませんが、良いんでしょう。





「tofubeats/RUN REMIXES」

もとがいい曲だから、文句なし。

ふめつのこころremixも最高でした。

RUN自体めっちゃ好みなアルバムだったし。

日本語ラップオタクブログ

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください