「NORIKIYO/平成エキスプレス」について(2022/3/27)

最近、実家から、学生時代に買ってたCDが大量に、ぼくの住まいに届きました。


前回の記事で、熱を込めて書いたSEEDAは、「DETONATOR」(1999年)から「BREATHE」(2014年)までCDを持っていましたし
NORIKIYO でいえば、どうやら「EXIT」(2007年)から「実験的断片集」(2015年)・「Bouquet」(2017年)まで持っていました。
(僕の学生時代は、たぶん2015年くらいには終わってるけど)

「実験的断片集」は、曲数は多いですが、EPカウントです。タイトルからわかるように、全体としてはコンセプトがなく、シングル曲の寄せ集め感があります。
一方で、「如雨露」は、NORIKIYOの6枚目のフルアルバムです。



5枚目「雲と泥と手」・4枚目「花水木」にて、リキッドルームでワンマン。かなりヒッピホップの文脈が強いアルバムでワンマンするにはふさわしいアルバムでした。

やっぱり、「如雨露」は、4枚目と5枚目と比して、日本語ラップヘッズからすれば、かなり物足りなくて、「THA BLUE HERB/LIFE STORY」、「ZORN/生活日和」に相当する内容です。



この後、あれだけ、声たからかに「仕事しよう(ラップしよう)」と言ってたNORIKIYOが、なぜか3年間ほど、表舞台に現れませんでした。
表舞台に現れた時、日本語ラップの文脈を蓄えて、「懺悔」がテーマの「Bouquet」に至るのがNORIKIYOの変遷です。

音源を狂ったように作っていたことがわかるように、この後、引くくらいのスピードで楽曲がリリースします。

2017年3月31日『Bouquet』
2018年9月28日『馬鹿と鋏と』
2019年1月4日『O.S.D. ~Old School Discipline~ 』
2019年3月1日『平成エクスプレス』(9枚目)
2019年7月10日、AKLO&NORIKIYO『New Drug』

一枚につき、15曲から9曲ですから、かなりボリューミーです。日本で、こんなにラップし続けている狂人は、若手入れても少ないでしょう。バースも長いので、EMINEMくらい奇人感あります。
制作スピードが早い=ラップし続けている時間が多い=労働過多ですから、今はやりのワークライフバランスラップを完全度外視です。ラップでご飯を食べる意味を考えさせられます。

そんな中、僕の記憶では、「平成エクスプレス」のワンマンライブを、川崎のチッタに嫁と見にいった記憶です。
(夫婦で、NORIKIYOのワンマンは皆勤してるはず。)

「馬鹿と鋏と」以降は、サブスク全盛で、CDで買うことが、僕の中で稀になってきた頃です(NORIKIYOも例に漏れず、NORIKIYO自身、サブスク解禁されたのもこの頃かもです。)。

「Attitude」

宝もんが何か?皆探してる在り処を お金やプロッスとかそういうんじゃねぇぜ
そいつはAmazing  ほら伝えたいよ そいつはAmazing(So Amazing!)
こりゃどこの誰でも奪えない(俺のAttitude)
俺の邪魔するやつに伝えたい (Thank youてな)
でもどこの誰でも奪えない (It’s love too)

俺の邪魔する 未だバイオレンスってのが蔓延ってる 妬みやっかみ そりゃ間に合ってる 
もうだりぃ事ばっかなにかと でもそれにも頭下げ「ありがとう」
そんななりてぇのか俺の踏み台? 趣味じゃねぇんだ店でもう擦りな
指名しときな嬢王様 俺もイキたいトコへ行動 ただ
ボロ着てても歯にゃ着せぬ衣 そんな理由で勘違いされる事も  
相手が俺の事を勘ぐる程思う これはDissじゃねぇ思いやる心
言葉通りなのに近くに居る程に遠い
今日Beef焼いてそれを調理よりした方が良い胸の奥の掃除
でもどっちもどっちの半端者 俺も先を思えば不安だよ 
登る山 それ違えど頑張ろうって事なのにじれってぇ なんかもう…

宝もんが何か?皆探してる在り処を お金やプロッスとかそういうんじゃねぇぜ
そいつはAmazing  ほら伝えたいよ そいつはAmazing(So Amazing!)
こりゃどこの誰でも奪えない(俺のAttitude)
お前を邪魔するやつに伝えな (Thank youてな)
おれも どこの誰でも奪えない(眠ってるお前のAttitude)
お前を邪魔するやつに伝えな

うさぎと亀ならうさぎじゃねぇやつ 10年経てど一人のプレイヤー 
それより前は下手なスケーター 振り返りゃ口だけ達者のうぜぇやつ
そっから来たよここまで この先に何が待つかどうあれ
感謝してんぜ平成昭和へ マイナスな感情には用はねぇ
最後灰になり朽ちる生涯 最中何かを見ては愚痴るよりゃ
かっけぇ奴らを見てみ? そりゃどうだ? オリジナルがパチもんそれを淘汰
今、Febb を聴いてこう思う「Coolなラッパー」 
今の流行り?みてみりゃなんか
9割真似だろぶっちゃけやっぱ お手本 それをなぞるだけは簡単
イラッと来たやつは気をつけろ その刃を俺じゃなく内に向けろ
お前はお前のままズル剥けりゃ オンリーワンが顔出して来るNew ERA

宝もんが何か?皆探してる在り処を お金やプロッスとかそういうんじゃねぇぜ
そいつはAmazing  ほら伝えたいよ そいつはAmazing(So Amazing!)
こりゃ どこの誰でも奪えない(俺のAttitude)
お前を邪魔するやつに伝えな (Thank youてな)
おれも どこの誰でも奪えない(眠ってるお前のAttitude)
お前を邪魔するやつに伝えな (Thank youてな)

相模の腰履き野愚連隊のリーダーだった頃から、とうに丸くなって、大人になったリリックです。
1バース目からこのアルバム自体の位置付けの説明です。

相手が俺の事を勘ぐる程思う これはDissじゃねぇ思いやる心
言葉通りなのに近くに居る程に遠い
今日Beef焼いてそれを調理よりした方が良い胸の奥の掃除

『O.S.D. ~Old School Discipline~ 』」では、聞き慣れた目がさめるようなDisあったけど

2バース目は、ラップも躍動感あり、白の衣装が反映しているかのような、
平成終わり(令和からの)心機一転、再スタートを表しています。トラックも疾走感あります。
NORIKIYOの最新作の「流行病」もそうですが、基本的にトレンドに厳しいです。

今、Febb を聴いてこう思う「Coolなラッパー」 
今の流行り?みてみりゃなんか
9割真似だろぶっちゃけやっぱ お手本 それをなぞるだけは簡単

春風 feat OMSB

別にあの頃へ戻りてぇんじゃねぇけどさ 若干ね…
そりゃBlueな春は去ったけど 一生言わねぇよCut ya hands
ここを去る者へ 追っかけるとかしねぇぞ 行っといで
そりゃBlueな春は去ったけど…

寂しいけどさよならBye Bye 二の句には声高に希望語る
悪いけど俺の耳には失言 旅は道連れ それが苦しくても
憂鬱な言葉降る蝉時雨 ”別に私あなたじゃなくても良いんです”
嗚呼 隣の芝青くてillness 頷くフリして遠く先見つめる
今去れば全てがミステイク 向こう見ずにRun 昔の自分へ
顔向けの1つだって出来やしねぇ 去ってゆく奴、常に戒め
笑って送ってやりてえ でもあっそと返す決まりです
やがて来る刺す様な紫外線 俺に巡るまで君を見ないで (Like this)

別にあの頃へ戻りてぇんじゃねぇけどさ 若干ね…
そりゃBlueな春は去ったけど 一生言わねぇよCut ya hands
ここを去る者へ 追っかけるとかしねぇぞ 行っといで
そりゃBlueな春は去ったけど…

あの日遊び半分で握ったマイク 好きだったGnjaの銘柄をFlow
あれはあれで まぁ正解だと思う くだらねぇ曲だけどさ宝物
それをダチに聴かせてさおもしれぇ で今聴いて顔から火出そうだとしても
2度とはもうねぇ Good old days 今日も陽は昇りゃまた落ちていく
芽出て木に成りゃするさ枝分かれ 日々の暮らしに追われるその中で
それぞれ違った和音を押さえて奏でる そりゃそれで仕方ねぇそれもサダメ 
あの日々が俺たちにとって今日どうあれ 辿ってみりゃ幹に沿って思う 
一緒に馬鹿やったっけ それの分 一生変わる事ねぇ俺のRoots

別にあの頃へ戻りてぇんじゃねぇけどさ 若干ね…
そりゃBlueな春は去ったけど 一生言わねぇよCut ya hands
ここを去る者へ 追っかけるとかしねぇぞ 行っといで
そりゃBlueな春は去ったけど…

NORIKIYOに珍しい、過去との決別ではなく、回顧する曲になっています。
「あの頃に戻りたくねぇ」と、吐き捨てるようなこともなく、年もとって、「学生時代」に戻りたくなるエモエモNORIKIYOです。
トラックも合間って最高なんですが、おそらく、OMSBのトラックじゃないんですよね、、

この「平成エクスプレス」に限って言えることじゃないんですが、「花水木」以降
NORIKIYOは、type beatsを丸々使っていることが多いです。(「相模町」は全曲BACH LOGICだった記憶、、)
なので、「春風」もtype beatsなのかなぁ、、とクレジット見てもトラックの出典がなく。

NORIKIYOは、『メランコリック現代 』までBACH LOGIC、「花水木」は数曲、BACH LOGIC、大半がNAO the LAIZA、OHLDです。
一方で、「花水木」、「雲と泥と手」から、見たことない・聞いたことないトラックメーカーが参入します。
T-jonez, K. Royal, Saltwater, ALEXここら辺は、Beatstarの人たちなんだと思っています。。(違ったら失礼、ごめんなさい。)

とやかく、type beatsでも最高なラップさえあれば、唯一無二のいい曲ができるという
「ラップがうまいは正義」というだけを立証した名曲です。

NORIKIYOの歌い上げるHOOKも最高ですが、OMSBのバースは、いつもながら韻も硬くて、グルーヴがいい。

憂鬱な言葉降る蝉時雨 ”別に私あなたじゃなくても良いんです
嗚呼 隣の芝青くてillness 頷くフリして遠く先見つめる

Life Is Wonderful

ガキの頃描いたっけあの図面を見りゃ これが理想と現実のズレ
「弱い」の反対語ってやつは「つえぇ」 それだそれを手にしたいが故
焦ってそれ履き違えてた事もあった今になってわかるよすげぇ
間違いを正せば変わる術 じゃ手を取り描けたらこの先の絵
金の為に志しは捨てず 昔から見てる見果てぬ夢 
食卓に味噌汁 それの湯気 誰かと向かい合って食う飯はうめぇ
それでも別れってもんは訪れる それを受けて人は何を念うべき?

愛と憎しみ それに触れ 俺に一体今何が言える 
神様いんじゃ答えをくれってねぇからもう泣きたいよあなたの胸
純粋なままで生きるにゃ悲惨な世 ここで皆足掻く意味って何だろう?
神様この矛と盾の意味は何なの? 
人の歴史って何故こう野蛮なの?  いや、あの笑顔せいあんたの
思い出してはこう思った 「がんばろう」 ここに生まれた事は多分 Wonderful

傷つけてごめんね泣いちゃった でもタイムマシーンはまだないじゃんか 
俺ら大してねぇんじゃねぇ差異なんか もうしねぇって書き回す回覧板
隣何軒までが一体ご近所? 憎む気持ちに任せてポチッと
誰かが押せば飛ぶぜミサイル それじゃねぇ方のチョイスにおりゃ期待する
争いの歴史それの上に立ち思った事ならどれもむげぇ
花は摘むより苗を植え 皆で育てて見てぇな大木へ 
いつになれば見れる? 誰の血ももう如雨露にゃ入れず
この今までの犠牲を胸に その花を咲かせて見てぇよすげぇ

愛と憎しみ それに触れ 俺に一体今何が言える 
神様いんじゃ答えをくれってねぇからもう泣きたいよあなたの胸
純粋なままで生きるにゃ悲惨な世 ここで皆足掻く意味って何だろう?
神様この矛と盾の意味は何なの? 
人の歴史って何故こう野蛮なの?  いや、あの笑顔せいあんたの
思い出してはこう思った 「がんばろう」 ここに生まれた事は多分 Wonderful

産声あげた我が子に乳房をあてがう母親の愛
立ち上がり方ならこう って教えず見守る父親の愛
バスや電車でお年寄り思いやって席を立って譲んのも愛
自分が可愛くて保身の為についた嘘の出処それも愛
軍人さんが戦場行く前 家族と抱き合う理由ならばそれも愛
危機が迫れただ目の前 引き金を引き国を守るのも愛
それで弾かれた方の家族が墓に花手向けるそれも愛
世界は愛で満ち溢れてるがおかしいと思う俺はおかしいかい?

愛と憎しみ それに触れ 俺に一体今何が言える 
神様いんじゃ答えをくれってねぇからもう泣きたいよあなたの胸
純粋なままで生きるにゃ悲惨な世 ここで皆足掻く意味って何だろう?
神様この矛と盾の意味は何なの? 
人の歴史って何故こう野蛮なの?  いや、あの笑顔せいあんたの
思い出してはこう思った 「がんばろう」 ここに生まれた事は多分 Wonderful

なんかコンセプトは、同じであれど、「NORIKIYO / 一個 feat.SALU, 4WD」と「ありがとう、さようなら」よりも洗練されているイメージ(残念ながら、どっちもBACH LOGIC)。

特にリリックが上辺じゃなくて、経験も積み重なったがため、より伝わりやすいし、一般論に収まらず、NORIKIYOらしく面白い。

ガキの頃描いたっけあの図面を見りゃ これが理想と現実のズレ
「弱い」の反対語ってやつは「つえぇ」 それだそれを手にしたいが故
焦ってそれ履き違えてた事もあった今になってわかるよすげぇ




「高級なトラック」と「一流のラップ」によって名曲が生まれることは、必然で、
名曲が生まれることに越したことはないです。
ただ、「平成エクスプレス」で、市販として売られていて、誰でもラップすることができるtype beatsでも
作り込まれたリリックがあれば、チッタやリキッドルームをパンパンにできるということを事実を持って、説明しました。
これこそ、ラッパーの矜持ですかね。

「平成エクスプレス」では、「リリックの偉大さ」と「ラップの力強さ」を感じられる、むしろ、それだけを感じられる作品です。

ちなみに、僕は、何を隠そう、NORIKIYOが一番好きと言っても過言ではなくてでして
夫婦共々めちゃくちゃファンです。

「神様ダイヤル」

「除菌のうた」

「Walk wit me」

「どうぶつのもりのうた」

この2曲のtype beatsを探し出してしまいました、、


そして、「平成エクスプレス」

後から気がつきましたが

「近鉄エクスプレス」

盗作に近い域ですね、気をつけます。好きな人に影響されやすいことを自覚します。


日本語ラップオタクブログ








Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください