「Kvi Baba/KVI BABA」について(2021/5/23)

先日、チケットが外れて行くことが叶わなかったZORNの日本武道館LIVEのDVDが届いたので、速攻拝見しました。

https://zorn.tokyo/discography

ZORNは、根っからラッパー(地方のヤンキー)ですから、もう素行の悪さは折り紙つき、コロナなんて関係ありません。
野外で開催されたCreepy Nutsの「オールナイトニッポン0 presents
日本語ラップ紹介LIVE in 日比谷野音」と比較したら、絶句しちゃいます。
野外にも関わらず、アクリル板越しに、RHYMESTERがラップしている中、ZORNの低いコンプライアンスを反映したリリックと、客煽り「叫べ」は、コロナ禍において、圧巻。
あれでクラスター起きなかったなら、一生起きないだろうと思います。
太々しいライブでした。(褒め)

やっぱり、すごかった。
直前で格安になっていたチケットの転売は、正直買う気にはならないですけど、生で見たかった。

客演も、構成も、ラップも全部、最高でした。
ANARCHYも、MACCHOも、ILL-BOSSTINOも、KREVAも、般若、SHINGO★西成も凄かったですけど、ZORNの力強いラップが際立ってました。
特に、マイク一本で成り上がったことをMCで話し、58のマイクを強く叩いてからの「ワンマイク feat KREVA」が一番かっこよかったです。(みんなはSHURE SM58を叩いたら、バカほど怒られるから、だめだよ)

圧巻のラップ力で、バックステージの様子も全部ラッパーでした。
ホーミーズの皆さん(地元の友だち)の刈り上げ率と素行の悪さも最高でした。

さて、一通り感想話したんですが、そんな中ZORNは、弱冠19歳の後輩を日本武道館の舞台に立たせます。
ZORNの日本武道館ライブに立った唯一の後輩は、BACH LOGICの秘蔵っ子こと、Kvi Babaです。
ちなみに、日本武道館ライブでも、Kvi Babaは、立派な振る舞いでした。


うんでもって、今回はKvi Babaの数年前のセルフタイトルアルバムを取り上げたいと思います。

「Kvi Baba/KVI BABA」


ぼくが、Kvi Babaを知ったのは、Redbullの企画です。(そういや、最近、ダサいネーミングの企画が開催されましたね。レッドブルの担当者替えですかね。)

1回目から3回目のRASENは、比較的若手”すぎて”、この動画を見た当初はあんまり馴染みなかったですが

何回も見るうちに、
Fuji Taitoを始め、今や日本語ラップになくてはならい存在だなぁと思いきやFuji Taitoは静かに失速し、Kvi Baba, week dudus, vividboooyいい感じです。
(Fuji Taitoがビッグマウスすぎて、綺麗に行動が見合ってない気がして、、、)


Kvi Babaは、聞くところ、Soundcloudで勢いあったんですね。
サンクラで見つけるのは、至難の業。。

あと追いで、この曲を聴いたら、すごく素朴でいいんですよね。チープなギター感が、めっちゃはえる。


「Kvi Baba/19」

「Kvi Baba/ LOVE or PEACE or BOTH」

「Kvi Baba/Happy Birthday to Me」


BACH LOGICは、ちゃんと光る原石しか好きじゃないですから
AKLO, SALUと同様に、BACH LOGICがO.Y.W.M.で全面でプロデュースしています。

その割にと言っちゃなんですが、一辺倒というか、作品中に似たような流れが続いてる気がするんですよね。
若さゆえ、抽象的な鬱屈とした苦悩やもどかしさがトピックです。というか、そのトピック一点張りで、リリックの幅がないです。
ラップスタイルは、SALUよりもシンガー部分が大きく、ラップらしさを可能な限り省いています。
エモーショナルにメロディアスなラップです。


今の所は、BACH LOGICがなんでそんなに手当てしているのかわからないんですよね。。AKLO, SALUと比較すると確実に、スター性に欠ける。

でも彼の曲は、若々しさ、フレッシュ感が満載で、BACH LOGICトラックに若さが付加されて、新鮮です。

「Kvi Baba/Life is Short」

空を青く感じる
雲を近く感じる
嘘のように感じる
俺は今日も生きている
(Life is, life is, life is)

Life is Short But Now I’m Good
Life is Short But Now I’m Good
Life is Short But Now I’m Good
Life is Short But Now I’m Good
Life is Short But Now I’m Good
Life is Short But Now I’m Good
Life is Short But Now I’m Good
Life is Short But Now I’m Good

Girl U Wanna Die
どこにもない行き場にパラダイス
もう飛び降りたい
ビルの上で立ち望む世界
消えてしまいたいほどに
生きていたいという想い
思い返した過去に
涙目で 微笑む 女神
何のために 生まれて
何をして喜ぶか選べる
君は馬鹿らしく笑う
僕は誇らしく語る
He Just Wanna Die
He Just He Just Wanna Die
She Just Wanna Die
She Just She Just Wanna Die

僕は僕なりの命
君は君なりの命
同じ時間を愛す
同じ時空を愛す
僕は僕なりの気持ち
君は君なりの気持ち
All Night All Night All Night Thinking About You

「Kvi Baba/Rusty Man (feat. 鋼田テフロン)」

もう誰もいない
場所で息をしたい
深い記憶の中
眠る小さな愛
悲ませたくはないけど
忘れられたくもない
気づかずの間に閉ざした部屋
静かな空 止まった 時計
言葉にもならない
言葉にもなれない
突き刺さったまま
胸の中で錆びてゆくナイフ

Don’t look my eyes
Don’t look my eyes
I gave you my void
I gave you my void
Don’t look my eyes
Don’t look my eyes
I gave you my void
I gave you my void

時間だけが過ぎてった街で
変われずに 戻らない君を待つ
どんな意味を持つ
事らでさえも 今は
無意味にも感じてしまうほどに
寂しさは 虚しさに変わり
心には空白が全てを満たし
何もかもの果てを知ったかの様
終わり方を探す そんな日常
崩れ落ち行くキャッスル
何かに囚われたかのよう
君だけが 強くよぎる
深い闇に落ちていく

「Kvi Baba/All Things are Fate」

違う土で育った
綺麗な花の君に
枯れる事もあった
僕は寄れたPlant
君に僕らはあしらわれる存在
君と僕には避けられない境界が
なのに 今
同じ月の下で 同じ願いを 抱く
風に揺らぐ
胸の奥を 君に届けようと
そして 今
やっと たどりつけた 君を前に
尽きかけた 水を 君に注ぐ

You Found Me Like Fate
You Found Me Like Fate
You Found Me Like Fate
You Love You Love
You Found Me Like Fate
You Found Me Like Fate
You Found Me Like Fate
You Love You Love

耕された地に咲く花
荒れた地の上に咲く花
同じ空の下の園の中
愛し合える世の中



こうやって聞くと、ぼくはBACH LOGICと鋼田テフロンが好きなだけなのかもしれん。笑

でもでも、Kvi Babaも嫌いじゃないです!むしろ好きです。
Kvi Babaのラップスタイルは、すでに完成形にに近いレベルで仕上がっているので、あとはリリックやラップの幅が増えれば、より魅力的になると思いますし、めっちゃ面白いと思います。
これからも追い続けたいです!!


日本語ラップオタクブログ

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください